「美味しい」を大切に。丁寧に。

日本酒とhowatto

日本酒とhowatto

お酒はめっぽう弱くて、いつも残念な思いをしています。

お酒の美味しさは分かるつもりではいるのですが、ほんとに弱くて、日本酒ならお猪口一杯でノックアウトです。

そんなわけで、興味はあるものの、口にしたことのなかったナルトタイのお酒。
鳴門の本家松浦酒造所さん。
ひょんなことからお邪魔させていただくことになり、友人バンドゥーちゃんとお出かけしてきました。

松浦酒造

築200年以上という歴史ある建物。
港まで藍やたばこを運んだ撫養街道。
当時の活気ある風景が浮かんでくるようです。

ナルトタイ

ナルトタイ

ナルトタイ

ナルトタイ

試飲もさせていただきました。(私は香りを嗅がせていただきました^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
香りだけでも、それぞれに全く違っています。

私は、水と米だけで作ったお酒、水ト米が好みです。
フルーティーでジューシー。好みな水っぽさのある、すっきりしたお酒。
飲んでいなくても香りで十分おいしい。

それぞれに嗅がせてもらったのですが、飲んでもいないのに「おいしい~!」を連発していました(^-^;

試飲(嗅)させていただきながら、howattoのお菓子にも使いたいなと…ムクムクと妄想が湧いてきて。
こちらの3つをお買い上げ。

ナルトタイ
帰って、いただいてみました(やっと!)

やはり香りから感じたもの、そのままの味。
瑞々しくて、ぐいぐいいけちゃいます(いけない、いけない…)

雑味のないすっきりとした香りが、フルーツと合わせると香りを引き立ててくれそうです。

.

早速、こんなおやつを作ってみました。

『すもものムース』

howatto ムース

下段にはすももの皮に近いところ(酸っぱいところです)のおいしさも潰しながら濾しとったピューレを、ふんわり泡立てた生クリームと合わせたムースを。
その上には、すももを煮て作ったすっきりとした味わいのすももシロップと、ほんの少しの日本酒を合わせたジュレ、そしてコンポートを乗せています。

このデザートにはすっきりとした味わいの水ト米がよく合います。

こちらは『甘酒のマフィン』

howatto マフィン

アクセントに少しセミドライいちごとクリームチーズを入れています。
甘酒が生地に入ることによって、旨みがすごい!
なんと慈悲深い味…我ながら(笑)
いやいや松浦さんの甘酒がおいしいのです。そのおかげです。

 

どちらも7/7㈯ナガヤさんでお召し上がりいただけます。
どうぞお試しくださいね。

howatto 1day おやつの日
7/7㈯12:00~18:00 nagaya. (毎月第一土曜日)
徳島市沖浜町大木247(ナガヤプロジェクト内)
焼き菓子の販売と、喫茶スペースではケーキプレートも。