「美味しい」を大切に。丁寧に。

甘夏

以前は、その酸っぱさやほのかな苦みから、あまり好きではなかった甘夏。

この甘夏と出会ってから、ぐっと好きになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

甘みと酸味、どちらも強くて味が濃い!そして果汁がたっぷり。
皮の香りも素晴らしくて、いろいろ加工したくなります。
徳島市の斎藤さんちで無農薬で育てられています。

 

皮をしっかりとブラシで一つづつ洗った後、剥いて、皮だけを茹でます。
それから水に漬けて苦みを抜きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後、不要な部分を丁寧に処理したのち、砂糖で煮ると甘夏ピールの完成です。

 

今回は、このピールと共に、果汁や果肉も一緒に煮て、コンフィチュールも作りました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ペクチンなどの添加物を加えておらず、砂糖も使用量を抑えているので、あまりとろみのないサラサラタイプのコンフィチュールです。

甘夏の香りが濃いので、ヨーグルトなどに少量入れていただくと、すっきりとした爽やかな香りが立ち、味のアクセントになるかと思います。

ナガヤプロジェクト内、nagaya.さんに少し置かせていただいています。
よかったら手に取ってみてください。

 

ジャムの他、ピールもたくさん仕込みました。
これらを使って5月、6月は甘夏祭りです(^^)/

さて、どんなお菓子にしましょうか♪